交通事故の慰謝料でもめたとき

交通事故に遭った時、あるいは加害者になった時に、任意保険に加入していればその保険会社が代理として対応にあたってくれることになります。ただし、その保険会社との交渉でも相手側が納得できなかったりあるいは被害者となった時に保険会社の言うことに納得できないときには、裁判でその是非を争うということもあり得ます。よくこの時にもめる話として、交通事故における慰謝料の問題がありますが、保険会社にも一定のルールがあり相手側の言うことにすべて承諾して保険金を支払うということではないことに注意が必要とされています。特に被害者になった時に、治療にかかった時間分であったりあるいは仕事を休んで治療のために医療機関に行っていれば、その分の休業分の補てんは求めることができる場合もあるでしょう。

こうしたやり取りをする中で、お互いが妥協できず決裂するケースもありますので、交通事故による裁判ということになってきます。慰謝料の過不足で裁判になるケースが多いのですが、それ以外でも特に加害者側の対応がよくないということで、被害者側が心証を悪くして交渉に応じてもらえないという話は保険会社からも注意があることです。その心証の悪さが慰謝料にも、また示談にも影響を及ぼすために常識で想定される範囲でしっかりとした謝罪を行うことも重要です。いずれにしても保険会社が間に入るのであればその指示に従うことや交渉を行い、万が一加入をしていない場合には弁護士に相談という流れになっていきます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*