交通事故の加害者になった場合の慰謝料の支払い

誰もが交通事故に遭いたいとは思わないもので、それが加害者となれば尚更のことなりたくないものでしょう。とはいえ、時知れずやってくるのが交通事故です。自動車の運転中、もしくはバイクの運転中に交通事故の加害者になってしまう危険性があるものです。軽微な事故でお互いに無傷であればその場で処理をしてしまうこともありますが、少なからず怪我をしたという場合であれば、治療費はもちろんですが慰謝料を請求されることにもなります。

交通事故の慰謝料は時として高額になりがちで、たとえ重大な傷害事故、死亡事故にならなかった場合でも高額な慰謝料となる場合があります。そんな事にならないためにも、まずは事故が起こったら速やかに警察に連絡をして事実を適切に伝えて事故証明書を発行してもらう手続きを取ります。この証明書がなければ後々になって保険が下りるまでに長い期間がかかる場合が多く、中には保険が下りないケースもあります。保険が下りなければ事故負担で支払わなければならず、貯蓄がある方であれば良いかもしれませんが、貯蓄がなければ借り入れをして支払わなければなりません。

無事に事故証明が発行されれば、後は基本的に保険会社に任せておけば慰謝料についても取り仕切ってもらえますので安心です。但し、金銭はあくまでも形だけのものです。相手方のケガが完治し、日常生活に戻れるようになった際は謝罪の言葉を被害者を訪れて伝えることが大切になります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*