相続に強い弁護士は遺言の書き方も指導してくれる

相続時に遺族の間でトラブルが起きないよう、大きな資産を残す予定のある人は事前に遺言状をしたためておくのが普通です。最近は「終活」と言って、亡くなる準備をしておくのがブームにもなっているからです。エンディングノートをつけておくだけでも、だいぶ相続はやりやすくなることでしょう。こうした「終活」をするのであれば、弁護士を雇ってアドバイスをもらうのが妥当です。

相続は端的に言えば法律の問題ですから、法律の専門家である弁護士が役に立つのです。弁護士は、正しい遺言状の書き方も教えてくれます。どうすれば効力が発生するのか、きちんと教えてくれますし、実際に書いたものをチェックしてもらえます。分配時に問題が起きないよう、効率的な方法も示してくれます。

何よりも、生前に準備をすることができるのであれば、生前贈与をすることで税金の額を抑えることができる場合もあります。弁護士さんはそういった部分についてもすべて指導してくれるので雇う価値があります。他にも、遺留分減殺請求権を行使したい遺族が雇うのもいいことです。もしくは、相続放棄をするときにも適切な手続きの方法を教えてもらうことができます。

相続は非常に複雑な法律知識が求められることで、多くの人が慣れ親しむことのない法律行為です。したがって、トラブルが起きないよう、専門家を頼るのは正しい方法だと言えるでしょう。金額が大きくなればなるほど、自分たちで解決できるとは考えないことです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*