遺産相続や分割協議で大切な弁護士のサポート

遺産相続の問題で親族間の関係性が疎遠であるようケースでは、相続の問題を円滑に処理する事が難しくなるケースが多々見受けられます。これは親族間でコミュニケーションがとりにくい関係性が築かれている事に加え、それぞれが譲り受けるべき財産の全容を把握していない事も多いためで、分割協議などの手段も用いて適切に処理する事が必要です。この場合は協議した内容に納得できない親族も出てくることが多く、法的なルールに則り、遺産の分割方法を決める必要が出てくるのです。そのため、弁護士のサポートが重要な要素とされます。

また、親族の中に、生前に何らかの金銭的な援助を受けていた方がいる場合には、生前分与などに関係し相続できる遺産にも影響を及ぼす可能性が高くなるために、それぞれの譲り受けるべき権利と金額を法的な側面から検証し、正確な分配方法を提示してもらう事が必要です。遺産が現金である場合には分割も容易ですが、マンションや家屋などの不動産の場合には複数の親族で分割する事が難しくなります。そのため、親族間では話し合いが付きにくくなるので、法定相続分を弁護士の方に明示してもらう事が必要になり、場合によっては、各相続人に内容証明などを送付してもらい揉め事が無いように問題を処理してもらう事が重要です。弁護士のサポートは親族間での金銭的な争いを最小限に抑えるためにも大切な支援となるので、早期の段階で相談し法的なサポートを得る事が重要です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*