相続時の弁護士の選び方

相続が起こると金銭的な問題が生じ、親族の間でトラブルが起こることがあります。そこで相続に代理人的立場である弁護士を利用することで円満に、そして円滑に解決することが可能になります。ただ、どのような代理人を選んだらいいのかわからないことが多いのではないでしょうか。普段から弁護士と付き合いがある人や、過去に相続で弁護士に依頼したことがある人であれば特に頭を抱えることがありませんが、多くの人はそのようなことはなく、選び方がわからずに途方に暮れている人も少なくないのです。

弁護士の選び方は、だれでもいいからというわけにはいきません。なぜならそれぞれ専門があり強みがあるからです。これは医者の例を出せばわかりやすいかもしれませんが、医者も外科や内科・産婦人科・小児科など様々な分野に分かれており、それぞれに専門家としての強みを持っているのです。そうであるならば、相続に強い弁護士を選ぶ必要があります。

例えばホームページなどを見ることでその法律事務所では何を得意としているのか、何を強みとしているのかがわかります。では、よくテレビや雑誌などで宣伝をしている法律事務所はどうでしょうか。これは好みによって分かれますが、依頼する側が大きな事務所で信頼できる代理人選びを第一にしているのであれば、宣伝をしているような大きな法律事務所で良いでしょう。ですが、大きな法律事務所は機械的に仕事をすることがありますので丁寧な処理を第一と考えるのなら小さめの法律事務所にお願いをしてみてもいいでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*