限定的に債務を相続したいときの弁護士のサポート

預貯金などの財産を複数の親族が相続した場合は、遺産を分割する事が容易になることからトラブルになるケースは稀です。しかし、遺産相続の問題は金銭的にプラスなものだけを故人から譲り受けるだけではなく、債務を引き継ぐケースもある為にトラブルとなる事があるのです。一般的には、法的に債務を受け継ぐ権利のある方が、負の財産を譲り受ける権利を放棄する事が多くなります。しかし、場合によっては限定的に負の財産を引き継ぐ事も可能になり、相続の仕方が難解になるために、弁護士から理想的な方法を指南してもらうことが必要です。

限定的に財産を譲り受けるケースでは、法的に有効な財産に関する目録も裁判所に提出しなければならず、弁護士の手助けをかりて適切な手続を行う事が重要です。また、負の財産の相続を放棄する事とは異なり、複数の方が限定的に財産を譲り受ける場合には、全員が財産を引き継ぐ事を承認しなければならないため、様々な手続が必要になるのです。その結果、弁護士の手助けが不可欠なものとなります。さらに、遺産の問題では途中で相続を放棄するようなケースも見受けられますが、放棄した場味は法的に遺産を受け継ぐ権利のある次の親族に権利が移行することになるので、予め権利が移行する先も把握しておく事が大切です。

遺産を譲り受ける事を放棄するケースでは、一定の時間制限もあるので、この期間に各種の法的な手続を完了させておく事が必要になります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*