相続放棄における遺産相続の時効

何らかの財産を所有している人物が死亡した場合、その人の遺した遺産は遺言状によって指名された人物および法律によって相続することを認められた法定相続人が継承することになります。ただし、相続できる財産というものは決して預貯金や現金といったプラスの財産だけではなく、債務などのマイナスの財産もその対象となっているため、万が一、マイナスの財産ばかりが遺産として遺されていた場合には相続人は経済的に大きな損失を被ってしまうことになります。そのため、相続予定の遺産によって相続人が何らかの経済的な損失を被ってしまう恐れのあるときには、遺産の相続放棄をすることが認められています。この相続放棄の手続きをすることで相続人は、相続をすることによって予想される経済的な損失から逃れることが可能になるのです。

ただし、この相続放棄には遺産相続の時効というものがあり、相続が発生したことを知ってから三か月以内にその手続きをする必要があります。仮に相続が発生したことを知ってから三か月を経過したというときには遺産相続の時効となり、相続放棄の手続きをすることができないようになってしまうことになります。その結果、相続人は遺産相続によって被相続人が残した借金の返済の義務を継承することになり経済的に大きな損失を被ってしまうようになってしまうのです。遺産相続の時効というものは一見するとかなりの日数があるように思われがちですが、実際には意外と時効までの期間は過ぎていくものです。

そのため、相続放棄の手続きをするときには時間に余裕をもって行動することが大事です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*