有効な相続対策について

相続では、事前の対策が非常に大切になります。事前の相続対策によっては、相続税が5割以上抑えることが可能になります。計画的に準備をしておくことで、効果的な節税が可能になります。相続対策では、節税対策、納税資金対策、争族対策が重要になります。

相続する際には、納税資金対策と争族対策が重要になります。現金で財産を持っている方が、相続税が安くなる場合もありますが、相続を受ける人が相続税を支払う現金を持っていない場合は、現金を相続したほうが結果的に良い場合もあります。また、節税対策と納税資金対策がうまくいっても、相続人のあいだで争いが起きてはうまくいかなくなることがあります。そのため、この3つをポイントに十分に相続対策を行う必要があります。

節税対策では、課税財産を少なくするために生前贈与を活用したり、現金を不動産などの評価の安い財産に換えるなどがあります。生前贈与であれば、第三者に財産を残すことが可能です。また、法定相続人を増やすことで、基礎控除額が増えるため、実子を作ったり養子縁組する方法があります。他にも、税額控除や特例を利用することです。

税額控除である配偶者控除などを活用します。納税資金対策は、できるだけ蔵族が起こる前に準備を行うことです。事前準備としては、遊休不動産を売却したり、生命保険に加入し納税資金対策を行います。相続対策では、死後に相続人の間に争いが起こらないように遺言状を作成しておくことが有効です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*