生前から相続対策に気を配っておく必要がある

相続対策をとる人が増えてきています。相続対策としては、大きく3つの対策を挙げることができます。まず1つめとしては遺産分割対策が挙げられます。この遺産分割対策が、最も重要であると言えます。

この対策として有効な手段は、遺言を遺しておくことです。遺言がないせいで、相続人間で遺産を巡りトラブルになってしまうこともあります。そういった意味のない相続人間の揉め事を起こさせないためにも、遺言をしっかりと遺してトラブルを未然に防ぐことが重要なこととなってきます。また遺言だけでなく贈与をしてしまうのも一つの方法です。

遺言で自分の死後の遺産の分配方法を決めるのも良いですが、生前に財産を贈与してしまうのも良い方法です。その方が税金対策にもなるので、最近は生前贈与をする人が増えているのです。2つめに挙げられるのが節税対策です。長いスパンで計画的に贈与をすれば、節税対策になります。

これは毎年基礎控除を活用して贈与するというやり方です。また配偶者控除を活用するのも一つの方法です。この辺りは、税理士と相談しながら決めるのも良いと思います。3つめとして納税対策が挙げられます。

分かりやすい例では、生命保険を活用することが挙げられます。生命保険で相続人を受取人にすることは、勿論可能です。もし相続人を受取人にした場合には、遺産とは別に生命保険が自分の指定する相続人に入ることになります。もし自分が死亡した場合には、その受取人である相続人が死亡保険金を受け取ることになるので、それを納税対策に当てることができるわけです。

このように相続対策として大きく3つが挙げられますが、その他にも様々にあるので色々と調べて対策をとるのが良いです。広島で交通事故のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*