Skip to content

排ガスの処理にはスクラバーが不可欠です

食品工場や化学薬品工場などでは様々な性質の有害ガスが発生することがありますが、スクラバーを使えば有害物質を除去できます。有害物質を除去しないまま外部にガスを排出すると、周辺住民に健康被害が生じてトラブルに発展する可能性があります。工場や実験室、飲食店などを円滑に運営するためにはスクラバーを導入して排ガスを処理してから外部に排出することが重要です。スクラバーには乾式と湿式の2種類があり前者は吸着性の優れたフィルターを使用し、後者は水や薬液を使って有害物質を除去します。

排ガスには酸性や中性、アルカリ性のものがありますが乾式ならばガスの性質に合わせたものを選べるので効果的です。ガスの性質に応じてフィルターを使い分けたい場合や、水に溶けにくいガスの有害物質を除去したい場合には乾式を選ぶとよいでしょう。乾式にはフィルターがカートリッジ式になっているものもあり、古くなったら簡単に交換できるので効率的です。湿式のスクラバーには充填塔式と無充填塔式の2種類があり、前者は取り込んだ排ガスを水と充填剤に通す仕組みになっています。

後者は充填剤を使いませんが、排ガスと水や薬剤を混ぜて有害物質を除去します。湿式にはpHの自動調整機能や薬剤注入機能を備えたものがあり、排ガスの性質に応じて中和脱臭ができるものもあります。排ガスはそのまま外部に排出するとトラブルに発展する可能性があるので、工場などではスクラバーが不可欠の存在になっています。様々なタイプのものがあるので、排ガスの性質や使用する場所などに応じて最適なものを選ぶことになります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です