Skip to content

スクラバーは注目されている

まず初めにスクラバーというものをご存知ですか。それは、工場の悪臭などの悩みを解決するシステムのことをいいます。それは大気汚染防止装置の一つを示し、工業的な排出をするばいじん流出やガスを除去する目的で用いられる装置です。スクラバーの別名は洗浄塔システムといいます。

初期の空気洗浄塔は潜水艦イクティネオⅠの二酸化炭素を除去する目的で設計されました。この技術は今この現代でも使用されている技術です。洗浄塔という言葉は、汚染防止装置を示し、ガス流れから汚染物質を洗浄するため流体を使用します。この言葉は、反応剤(試薬)、スラリー(泥漿)を注入するシステムにも用いられます。

これらは、未処理の排出ガスから酸性ガスを洗浄します。なので、ガス状の汚染物質の排出を抑制する重要な機器の一つです。冒頭に洗浄塔システムの大まかな説明をしましたが、これに種類はあるのかということです。スクラバーは2種類あります。

名前は、湿式洗浄塔と乾式洗浄塔の2種類があります。湿式は水や薬液を噴射し、それに排気ガスを通すことで除去します。乾式は、高い吸着性のある活性炭やフィルターなどに排ガスなどを通過させて除去します。どちらも、メリットとデメリットがあります。

スクラバーを選ぶにはそれに適した種類を選ぶのがいいと思います。最後に、スクラバーは海運業界のトレンドとなっているそうです。世界的に環境保護規制の厳格化が進む中で、今とても注目されています。2020年までにはコンテナ船隊の10%が装備されると予測されています。

コンテナ船運航業者にとって最大の運営コストである燃料費の軽減に向けた課題が浮き彫りになっているそうです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です