Skip to content

スクラバーは環境対策装置です

吸着や水洗浄、薬液中和によって排ガスや有害ガスを大気に放出できるように処理する環境対策装置がスクラバーです。例えば、鋳造工場の生産ラインでは粉塵の混じる排ガスとレジンを含有するアンモニアの悪臭が発生しますし、化学工場では大量の有害物質や臭気物質が発生します。もし万が一、工場の製造ラインから発生する粉塵や悪臭、有害物質が外部の大気中に放出されれば、近隣住民の方々の健康被害を引き起こす可能性がありますし、悪臭によるクレームが出る可能性もあり得ます。環境被害が大きくなれば社会問題として会社の評判を大きく落としてしまうかも知れません。

そのような排ガスや有害ガス、悪臭への対策にスクラバーは有効な環境対策装置なのです。ただし、どんな工場にも対応できる万能型の装置はなく、工場から排出されるガスの種類によって適切なスクラバーを設置する必要があります。スクラバーには①燃焼方式(直接燃焼・蓄熱式燃焼・触媒式燃焼)、②吸着方式(固定床回収・流動式回収・ハニカム式濃縮・交換式吸着)、③洗浄方式(水・酸・アルカリ・酸化剤)、④生物脱臭方式(土壌脱臭・スクラバー式脱臭・充填塔式脱臭・曝気式脱臭)の4つの脱臭方式があり、そのうちの一つか二つ以上の方式を組み合わせて設置します。設置する会社の業種、例えば印刷工場なのか?それとも塗装工場なのか?、に合わせてしっかりと処理方式を検討して最適な装置を選択する必要があります。

スクラバーのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です