Skip to content

スクラバーの特徴と魅力

スクラバーは工場や化学施設などで活用されることが多い設備であり、これを利用することによって発生したガスをクリーンな状態にしてから大気に放出することができるようになります。化学薬品などを使用する工場や施設では、事業や実験、分析などを行う過程で有害なガスが発生してしまうことも多いです。液体の場合はポリタンクなどに詰めて専門会社に回収してもらうことができますが、気体の場合はそうすることもできないでしょう。そこで、排ガスや有害ガスをクリーンにするスクラバーが活躍してくれます。

工場や施設でスクラバーを利用すると、吸着や水処理、薬液を用いた中和処理などによって気体が無害化されるので安心です。法律などで排出できるガスの基準値が決められていることもありますが、これを下回るような綺麗なガスにすることができます。排気設備を設けて工場や施設内に気体が留まらないようにしたとしても、有害なものがそのまま排出されてしまっては危険です。有害とされているものは人体や作物を始めとした様々なものに悪い影響を与えてしまう可能性があるので、きちんと処理しておく必要があります。

スクラバーには色々な種類のものがあり、確実な処理が期待できるだけではなく、近年では導入が簡単なものや、ランニングコストが低いものも販売されていることを知っておくと良いです。導入場所に最適なものを選ぶことによって、確実に大気汚染対策が実施できるようにしておくことが大切だと言えます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です