Skip to content

スクラバーの特徴について

スクラバーは洗浄塔システムとも呼ばれる大気汚染防止装置の1つで、工場などから排出される煤塵粒子やガスを除去します。19世紀に潜水艦の二酸化炭素を除去する目的で最初のスクラバーが設計されましたが、この技術は現在も様々な場所で活用されています。もともと洗浄塔という言葉はガスの流れから汚染物質を洗浄するため流体を使う装置を指していました。近年では反応剤やスラリーと呼ばれる懸濁体を使うシステムにも使用されています。

洗浄塔はガス状の汚染物質が排出されるのを抑制する重要な働きがあり、特に未処理の排出ガスから酸性ガスを洗浄するために使われます。スクラバーは熱ガスから煙道ガス凝縮による熱回収にも使うことが可能です。工場で発生する排ガスをそのまま外部に放出してしまうと、近隣住民との間でトラブルになったり環境問題になる可能性があります。また工場内部の排ガス対策が十分に行われていないと、従業員の生産性が低下したり健康被害が生じる可能性があるので注意が必要です。

工場ではスクラバーによる排ガスの処理が重要ですが、有効な対策を講じるには発生する排ガスの種類を把握しなければなりません。スクラバーは排ガスや有害ガスを吸着や水洗浄、薬液中和などの方法で処理した上で待機中に放出します。湿式と乾式の2種類があり前者は水や薬液を噴射し、排ガスを通すことで汚染物質を取り除きます。後者は吸着性の優れた活性炭やフィルターなどに排ガスを通過させることで処理す仕組みになっています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です