Skip to content

スクラバーの説明と用途について

スクラバーというのは、洗浄塔システム(Scrubbersystems)のことです。工業の現場で排出されるガスやばいじん粒子を除去する働きがあります。スクラバーは一般的に汚染防止装置のことを示し、汚染物質をガス流れから洗浄するために流体を使用するのが特徴です。この用語は近年、スラリーを注入するシステムそのものや、反応剤にも用いられ、処理されていない排出ガスから酸性ガスを洗浄します。

つまりスクラバーは、ガス状の汚染物質が大気中に排出されるのを抑制するために重要な機器であるといえます。特に酸性ガスが発生する現場で活用され、熱ガスから煙道ガス凝縮による熱回収にも使用が可能です。排出されるガスから毒性を除去したり、腐食性を持つ化合物を除去し、中和する方法がいくつかあります。燃焼により有毒なガスが排出される場合がありますが、高い温度で酸素が充分あるケースでは汚染物質を除去できる場合もあります。

例えば「湿式スクラバー」は、空気や煙道ガスあるいは他のガスから、様々な汚染物質やばいじん粒子を除去することが可能です。この処理は物質が洗浄液と接触することで行われ、洗浄液は水や処理する化合物に対応する反応溶液です。「乾式および半乾スクラバー」は、湿分を飽和にする「湿式」とは違い、煙道ガスを飽和状態にしません。場合により、蒸発可能な量の湿分を煙道ガス中に加えることもあります。

この方法では可視煙にならず、排水処理設備と排出をしないことが特徴です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です