Skip to content

スクラバーを用いたことでの安全性について

工場などにおいては、工場から排出されるガスや水蒸気が無毒でなければ周囲に公害をまき散らす結果になる為、ふさわしい管理体制が必要となります。その為、工場ではスクラバーと言う特殊な装置を用いることで有毒なガスや水蒸気を無毒化しているのです。では、この装置を容易たことでどのくらい安全になるかについてですが、スクラバーを使用した場合、工場から排出されるガスや水蒸気は人間が吸い込んでも身体に影響しないまでに無毒化されています。しかし、装置によっては臭いを取り去ることが出来ない場合もあり工場から排出されるガスや水蒸気には臭いが残っていることもあります。

その為スクラバーの種類の中には臭いを取り去ることが出来る商品もあり、無毒化した水蒸気やガスを再度フィルターに通すことで臭いを打ち消す商品もあります。これを2次処理と呼び一次処理は工場から排出されるガスや水蒸気の中の有毒物質のみを無毒化、二次処理にて有毒ガスや有毒な水蒸気に付着していた臭いを取り去ることで靭帯が臭いをかいでも不快にならないようにしているのです。なおスクラバーには無毒にするうえで触媒を用いて無毒化しますが触媒には様々な種類があり毒素を打ち消すためにはそれに応じた触媒を使用する必要があります、その為、工場から出る毒素と異なるスクラバーを使用した場合有毒物質は除去することが出来ず待機中に放出される為、装置導入においては工場ごとに検出されている毒素に合わせたものを備え付ける必要があるのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です