Skip to content

排ガスをきれいにするスクラバーの仕組み

工場などの化学物質を含む排ガスは、ときには近隣住民に被害をもたらす可能性があります。湿式スクラバーは、充填塔式と無充電塔式があり、充填塔式は内部に何艘かの充填剤が敷き詰められ、その上からシャワーをかける構造になっています。排気ファンでガスを内部に通し、充填剤を通過させることにより有害物質を除去することができるのです。水は肉眼で確認できないほどの微粒子まで洗浄することができ、100%に近いくらい空気をきれいにしているのです。

空気の内部に溶け込んでいる悪臭も除去できることから、様々な工場で使用されています。次にメリットを紹介していきます。スクラバーは、周期や粉塵を処理するので確実に汚染物質を取り除くことが可能です。一般的な湿式スクラバーの場合、処理水に汚染物質が詰まり、腐敗しスラッジが発生することがあります。

スラッジが発生すると工場内に悪臭が発生し、針などが割れたりすることがあり工場内の環境が悪化する恐れがあります。しかし、レオライザーはアクアブラスターを内蔵しているため、水の腐敗を防止してスラッジの発生を抑えることが可能なのです。メンテナンスを行う際には、カートリッジの交換をするだけなので、1人でも作業を行うことができ、経済的で人件費も削減できます。カートリッジの交換はこまめに行うことで、より排ガスをクリーンにすることが期待できます。

臭気の処理能力を最大限に上げることにより、作業環境は大幅に改善され近隣住民への臭気の拡散も抑えることができるのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です