Skip to content

パワコンは、電力の変換という重要な役割を果たします

パワコンは、太陽光発電には欠かすことができない重要な働きをするパーツのことです。太陽光発電のパネルでつくられる電気は、蓄電器などと同じで直流になります。昼間太陽光を太陽電池を用いて直接的に電力に変換して発電して夜間は蓄電池に貯めた電力を使う。これが標準的な太陽光のシステムです。

太陽光発電を導入するメリットは、自宅の電力は自家発電でまかない余剰に作った電力は、売電で売ることです。売電収入が得られるから、導入時の初期費用も回収できるのです。しかしながら家庭に供給されている電力は、交流です。これは、水力など遠方から送電線を通して電力を運ぶためにはどうしてもその間のロスを少なくする必要があります。

このためには交流を用いて家庭に入るまでそのレベルを維持しないといけません。交流電力の電気の配線に直流の太陽光発電でつくった電力を流し込むには、パワコンを用いる必要があります。パワコンは、屋根の形によっても使う種類が違ってきますし、太陽光発電の出力ワット数でも最適なパワコンがあります。各メイカーではその規格に合わせて太陽光パネル、蓄電池とパワコンを組み合わせるのが重要な作業になります。

組み合わせが悪いと効率よい発電はできません。何より重要なのは、一般の送電網に作った電力の余剰部分を送り込むことになりますので送電網のシステムに異常を起こさせないようにすることが必要です。電力の変換は簡単な作業ではありません。もし配電システムに異常を起こしてしまうと、その地域に停電をもたらしたりする事故の原因になります。

太陽光の知識がある業者によって、選定から設置まで行うことが重要になってきます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です