Skip to content

パワーコンディショナー(パワコン)について

パワーコンディショナー(以下パワコン)とは、直流の電気を交流に変換する機器、いわゆるインバータの一種です。ソーラー発電や家庭用燃料電池による発電を行う際に必要となる機器です。形は直方体で、大きさは家庭用では小型のエアコン程度のものが多いです。例えば、ご家庭のソーラーパネルより発電した電気は直流です。

一方、家電製品は交流の電気を用いて動作するよう製作されていますので、ソーラーパネルで発電した電気をそのまま用いることはできません。ここで、直流の電気を交流に変換して発電した電気を利用できるようにするのがパワコンの役割です。パワコンの性能指標として、変換効率や最大定格出力があります。以下ではソーラー発電の場合を想定して記述します。

変換効率とは、ソーラーパネルより生み出した直流の電気のうち何%を交流の電気として使えるかを示した比率です。変換効率が高い、100%に近いほど性能が良いということで、通常95%から97%程度となっています。次に最大定格出力とは、パワコンから出力できる電力の最大値のことです。例えばソーラーパネルで最大定格出力を超える電力を発電してしまうと、超えた分の電力を出力できず、つまり家庭内に送れず無駄になってしまいます。

よって、ソーラー発電の導入を検討する際は最大定格出力がソーラーパネルの発電量を上回るようにする必要があります。ちなみに、パワコンは和製英語で海外では通じず、PVインバータあるいは単にインバータと呼ばれています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です